Top > 酵素ドリンク > 酵素ダイエットで太りやすい体質に?

酵素ダイエットで太りやすい体質に?

血糖値を調整するのにいい効果をもたらすのは食物繊維です。食べ物の中の糖は胃や腸の消化器官から吸収されて血液の中に入っていきますが、食物繊維と糖が合体して吸収するのに時間がかかり、便と共に糖を体外へ放出する補助的役割を果たすため、血糖値の上昇を防止できます。酵素ダイエットでの失敗例を見ていきますとありがちなのは、酵素の摂取によって消化能力が強化されたから「どれだけ食べても太らない」と誤解して、だらだら大量に飲み食いするようになってしまった事例です。あるいは、酵素ダイエットとはとても相性がいいプチ断食と同時進行させている時に、急に普通の三食きちんと食べる生活へと切り替えると、失敗してしまうことが多いようです。

 

 

 

よく言われることですが、酵素ダイエットは失敗してしまうと太りやすい体質になってしまう場合があって、少し心しておいた方がいいかもしれません。

 

 

「健康食品」というフレーズは、法律により定められたことではなく、健康維持や増進に効く食品として販売・使用されるもの全てを表し、とても大きな意味で使用されています。健康補助食品や栄養ドリンク、サプリメントも健康食品にあたります。サプリメントは大手のドラッグストアなどでよく見かけるので身近なモノだと感じるかもしれません。

 

脂肪がつきすぎて動きが重く感じている人は、体脂肪を落とすようにしましょう。ゆったりとしたペースでのジョギングなどの有酸素運動で脂肪を落とすようにしてみましょう。

 

 

 

また、筋肉を増やすことで基礎代謝自体が上がるので、より脂肪が燃焼しやすい体になります。また過度に食事量を減らすダイエットでは体に大きな負担がかかりのちのちになって悪影響がでることもあるので注意が必要です。

 

ダイエット中でも、肉や魚・大豆製品など良質なタンパク質をしっかり摂取できるような、バランスを考えた食事を維持しましょう。また食物繊維がたっぷり含まれている野菜やキノコなどの食品には糖質の吸収をおだやかにするなどの作用があります。

 

さらにショウガ・にんにく・とうがらしなどは新陳代謝を引き上げるので、ひとたびついてしまった脂肪の燃焼を手助けします。普段とは異なった強い眠気や、それとは逆になかなか眠れない、深く眠れないといった睡眠障害が生じるケースもあります。

 

このような症状は黄体ホルモンの働きによって、基礎体温が高くなり、そのまま高い体温が維持されやすいからです。

 

そのため、爽快な目覚めを得られなくなったり、体温が下がりづらくなるこことで体は睡眠の準備を整えることができなくなり、すんなりと寝付けなくなってしまうのです。

健康食品には病院でもらう処方箋の薬と併用すると薬の効き目を弱めてしまうこともありますので、薬を飲んでいる方は服用前にご自分の医師に確認を取る事が大事です。

例を挙げるとカルシウムと強心薬、マグネシウムと骨粗鬆症の薬など、併用しないように、覚えておいてください。

 

用心すべきなのは知らぬ間に過剰に取り過ぎる場合があります。

例を挙げると、コラーゲンなどの美容成分は、多数の健康食品に含まれているので、多数のサプリを使用していると、同一成分が重複して過剰摂取になっていることも考えられます。

 

プエラリアという抽出部のように強い影響を及ぼす可能性のある成分もあるので気を付けましょう。ヘム鉄のサプリの人気は?

 

酵素ドリンク

関連エントリー
酵素ダイエットで太りやすい体質に?近年流行の酵素ダイエットについて。