Top > 妊活サプリ > 葉酸単体での吸収率は低い?

葉酸単体での吸収率は低い?

お腹の中で、胎児は目覚ましいスピードで細胞分裂を繰り返しながら成長します。

 

葉酸は、この時に重要な働きをします。

 

葉酸単体での吸収率は低いために、葉酸を含んだ総合サプリの摂取がお勧めです。

 

しかし、不足しがちな栄養素を考慮した時に、葉酸のほかに一体どのような成分が必要なのか判断の基準がつかず、困ってしまうという方も居ますよね。

 

そのような場合は、粉ミルクの成分と照らし合わせて、サプリを選んでみましょう。

 

スムーズに妊娠できる体を作る食べ物といえば、おとうふや納豆、魚などがあります。卵、ブロッコリー、ごまといった食材のほか、好き嫌いは分かれますがレバーにも妊娠に欠かせない栄養素を含むので、意識して摂取していきたいですね。

 

全体的にはバランスよく様々な食品群の中から栄養を摂ることが理想であることは間違いありません。

 

一方、妊娠を妨げる可能性のある食品群は産後までは我慢したほうが良いですね。妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。そのため、葉酸が欠乏してしまうと、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症するリスクが増加するという報告があるのです。受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、食事で摂取する分の葉酸以外に、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。

 

不妊サプリを飲む!男性不妊の改善!

 

妊活サプリ

関連エントリー
葉酸単体での吸収率は低い?