Top > 屋根 > 屋根板金のメンテナンスを行うなら「錆落とし」を忘れずに!

屋根板金のメンテナンスを行うなら「錆落とし」を忘れずに!

屋根板金は鋼製なので、経年劣化により錆を発生させてしまう事があります。

錆びは、放っておくと板金に穴を開けてしまう事があります。

少しでも錆が見られたら、即座に屋根の塗装を行う事を強くオススメします。

屋根の塗装工事に役立つ「錆落とし」

塗装に先立ち大事なのが、錆落としです。 錆落としをいかに綺麗に行うかによって、屋根板金の寿命に大きな差を生みます。

錆落としの基本は、金属ブラシや平コテを用いて削り落とすように丁寧に取り除きます。

錆びている部分が多いと錆落としに時間がかかってしまいますが、屋根を長持ちさせる為には必要な工程ですので、根気よく綺麗に完璧に行うようにしましょう。

この時、古い剥がれかけの塗料も一緒に綺麗に落とします。

屋根板金の錆落としに重宝される「マジックロン」

屋根板金の錆落としにオススメな意外なアイテムは、マジックロンという金タワシです。

ホームセンターに置いてあり、1個何百円ほどで購入できます。

目が細かい金タワシであり、錆をこする事で浮いた錆を簡単に綺麗に取り除く事ができます。

素人さんでも簡単に扱えるタワシですので、錆落としに慣れていない方にはオススメです。 その後、防錆塗料を塗布します。

メンテナンスの際に防錆塗料は必要が無いという訪問業者等が居るようですが、錆びている板金屋根だからこそ防錆塗料が必要となります。

隅や屋根継ぎ目部分を先に刷毛等で塗り、その後ローラーを用いて均一に塗布します。 ローラーの走り方は、上から下へ向けて塗布していく事がポイントです。

DIYの場合は、屋根塗装の順番を考えずに行ってしまう方が多く、塗り終わってから梯子の位置からかけ離れていて降りられないと嘆く方も多くいらっしゃいます。

屋根の塗装の場合は、梯子の位置を想定して塗り終えるように考えて塗布しましょう。

参考文献:屋根塗装を行う千葉の業者

屋根板金のメンテナンスには錆の処理がとても大事!

屋根板金のメンテナンスは、このように錆の処理が大きなカギとなります。

DIYで行う際は、錆をいかに綺麗に取り除くか、いかに防錆塗料を隅々にまで綺麗に塗布するかが大事となります。

少しでも自信が無いと思ったら、塗装屋さんに依頼するようにしましょう。

屋根

関連エントリー
屋根板金のメンテナンスを行うなら「錆落とし」を忘れずに!